本文へスキップ

簡単になれるわけではないのが司法書士です。

司法書士試験

司法書士試験の特徴

司法書士として開業するには/司法書士試験の特徴

司法書士試験は7月上旬の筆記試験と10月中旬〜下旬の口述試験から 構成されています。 しかし口述試験ではほとんど不合格とならないため、実質的には筆記試験 だけのようなものです。 筆記試験は午前の部と午後の部に分かれ、その合計点数が合格ラインを上回ると 見事合格となります。 ただしそれぞれに足きり点数が設定されており、それに達しない場合には それだけで不合格とされるので注意が必要です。


筆記試験

司法書士の筆記試験は7月の第1または第2日曜日に行われます。 この筆記試験は第1次試験と第2次試験に分かれています。 第1次試験は多肢択一式35問で午前9時30分から11時30分までの2時間、 第2次試験は多肢択一式35問、記述式2問の計37問で、 第1次試験と同じ日の午後1時から4時までの3時間で行われます。 合格率は約3%ですのでかなりの難関といえるでしょう。 筆記試験の結果発表は、10月上旬に受験地の法務局・地方法務局に合格者の 受験番号が掲示されます。 合格通知もきますが法務省のホームページでも確認できます。


口述試験

筆記試験の合格者は10月中旬に口述試験があります。 筆記試験の合格者には筆記試験合格通知書と共に、口述試験受験通知書が一緒に 郵送されていますので、それに詳しい日時などが載っているでしょう。 試験形式は、1人ずつ2人の試験官に口述で回答を求められます。 試験科目は不動産登記法、商業登記法、司法書士法、司法書士の業務を行うに 必要な一般常識などです。 所要時間は1人あたり15分程度で、それほど難しくはないでしょう。 これに合格すると11月上旬に最終合格者の発表となります。 最終合格発表は官報に氏名まで載り、登記所の掲示でも氏名まで発表されます。