本文へスキップ

簡単になれるわけではないのが司法書士です。

司法書士になりたい

開業資金は

司法書士として開業するには/開業資金は

司法書士として開業する場合、資格さえあれば開業資金はそれほど多く必要ではなく、 100万円あれば仕事を始めることも不可能ではありません。 司法書士としての登録諸費用が約15万円、事務所の保証金が約80万円、 これだけあればあとは事務用品などの備品だけです。 FAXやパソコンは仕事をするうえで必要となりますが、自宅開業として備品は 家庭用のFAXやパソコン・プリンターを使うことで開業資金を抑えることもできます。 またこれら事務所の備品をリースにすることで、開業時の初期費用を少なくすませることも可能でしょう。


司法書士でやっていく

司法書士は飲食店や衣料店などの店を始めるのに比べれば開業資金はかなり 少なくてすみますので、比較的開業しやすいでしょう。 普通の商売を始めるのに比べて、厳しい試験制度があるため新規参入が難しく 同業者はまだまだ少ないのも安定してやっていくのに有利でしょう。 ですが決して事務所を立ち上げて看板を掲げていれば勝手にお客さんが やってくるという商売ではありません。弁護士と業務が重なっている分野もありますので営業努力が必要です。頭を使ってクライアイトを獲得できるよう経営していかないと事務所は 成り立ちませんので、開業すれば誰でも食べていける、といったイメージを持って いるのならばそれはちょっと甘いでしょう。


実務経験がない

司法書士には新人研修の一環として「配属研修」と呼ばれるものがあり、 これは実際に開業している事務所で実務を学ぶことができます。 この研修で司法書士として必要最低限の常識を身につけることは充分可能です。 研修を受けても開業後にわからないことが出てくるでしょうが、この配属研修で お世話になった先生や研修で同期のメンバーに聞くことができますので、 研修では知り合いを多く作っておくとよいでしょう。 また司法書士だけが利用できるインターネット上の会議室もあり、わからないことは そこで質問することもできます。 このように業務内容に関しては相談することができますが、事務所経営のノウハウ は新人研修などで学ぶことは難しいと思われます。